体験記

経営デザイン専攻 棟近研究室 修士2年

山崎 彰子

2016年9月にロシア極東の街ウラジオストックにて開催されたAsia Network Qualityという国際学会に参加しました。学会では、様々なアジアの国の人が研究成果を報告し、私も学部時代の研究成果を英語で発表しました。私にとって3つの貴重な経験となり、素晴らしい学びを得ました。
1つ目は、国際学会に参加し、英語で発表したこと。
様々な研究者の前で、英語で発表するため、非常に緊張しました。しかし、自分の研究を、関心を持って聞いてもらえることで度胸と自信がつき、堂々と自分の考えを述べることの重要性を知りました。
2つ目は、他国の人の発表を聞けたこと。
最先端の研究を知ることができ、自分の視野が広がりました。また、他の発表者は学生以外にもいるため、発表の仕方や英語表現など非常に勉強になりました。
3つ目は、ロシアのウラジオストックというなかなか行かない場所に行けたこと。
日本では考えられないようなハプニングがたくさんあり、面白い経験をすることができました。ある参加者は、部屋に入ったらベッドがないなんてこともありました。また、空き時間には街まで観光に出かけることができ、シベリア鉄道の駅を見たり、おいしいボルシチ料理を食べたりしました。

(2017年度作成)

経営デザイン専攻 吉本研究室 修士1年

清水 昂星

私は学部4年生の春休みに、タイの海外インターンシップにチームリーダーとして参加しました。タイで鶏肉や豚肉などの加工食品を生産し輸出をしている企業が対象で、18日間、現地のコンケーン大学の学生たちと改善活動に取り組みました。具体的には、鶏肉加工の生産性を向上させたり、冷却のための氷使用量を削減したりといった内容でした。改善活動では、現状を理解することが重要で、問題点を整理するのに1週間以上も費やしました。特に、現地の従業員や学生たちとコミュニケーションを取ることに苦戦しましたが、身振り手振りや表情を駆使して乗り越えました。基本的に学生だけで、海外の企業の改善活動を行うことは、未知の経験であり、多くの苦労がありましたが、最後にメンバーから「清水さんがいてくれたから最後まで乗り越えられた」と言ってもらえた時、このインターンに参加して本当に良かったと感じました。実際の企業と、しかも海外で活動することには誰しも抵抗があると思いますが、他では得られない貴重な経験ができると思います!

(2017年度作成)

経営デザイン専攻 吉本研究室 修士1年

須貝 和弘

私は4年生の春休みに、タイの日系企業のインターンシップに参加しました。期間は2週間で、早稲田の学生4名、タイ人の学生2名で工場の改善活動に取り組みました。課題テーマは、ある部品製造ラインの作業員数を削減し、生産性の向上を図るというものでした。実際の現場では、授業で学んだ観測技法を用いて作業者の方々の稼働状況を分析し、改善可能な工程を検討しました。その中で特に苦労したのは、現地学生と従業員の方々との英語でのコミュニケーションでした。最初は自分たちの意見がなかなか伝わらず大変でしたが、最後まで諦めずに伝えようとする姿勢を貫いた結果、次第に潤滑に意見交換できるようになり、チームで納得のいく結果を出すことができました。休日にはタイの学生たちが観光やお酒を飲みに連れて行ってくれ、さらに親睦を深めることができました。海外インターンは挑戦の連続ですが、自分の世界観に良い刺激を与えてくれました。他ではできない貴重な経験ができるので是非みなさんも参加してみてください!

(2017年度作成)

経営システム工学科 学部2年

齊藤 芙佑

私は、2017年3月に学科の2単位科目であるネパールでの海外研修プロジェクトに参加しました。現地では、先輩の学生リーダーが数カ月をかけて設計したアンケート調査シートを用い、ネパール人大学生と組んで2人1組でフィールド調査をします。現地の人々の生の意見を聞くというのはかなり貴重な体験で、発展途上国や住んでいる人に対して知らず知らずのうちに偏見を持っていたことに気づかされました。また、交通インフラや店で売っている珍しい日用品など、日本と大きく異なる街の様子にも圧倒されました。パートナーとなったネパール人大学生に街で気になったことを教えてもらい、かなり仲良くなれました。また、王道の観光スポットはもちろん、ワイン工場や病院の裏側など、旅行では行けない場所に足を踏み入れることもできました。
このプロジェクトを通して、現地の大学生のレベルや意識の高さ、日々の努力の大きさなどを肌で感じ、自分がこれまで、恵まれた環境に値するだけの努力を怠ってきたことを反省しました。そして、グローバル化が進む現代において、将来自分がどのような意識を持ってどのように行動すべきか、そのために学生生活の中で何を学び強みにすればよいのかを真剣に考えるきっかけとなりました。共に活動した早稲田大学、聖心女子大学、そしてネパールのNational Collegeの友達ができ今でも連絡を取り合っています。以上のような貴重な経験がこれからの自身の大きな財産となったことを実感しています。

(2017年度作成)

経営システム工学専攻 片山研究室 修士2年

石川 誉

研究室で日夜行っている研究の成果を国際舞台で発表する場に参加した体験を紹介します。所属する研究室では、基本的に大学院生(進学予定者を含む)以上のメンバーに参加が義務付けられています。私もこれまで3回参加しました。1回目が4年生の時に台湾・高雄で行われたThe 6th International Congress on Logistics and SCM Systems (ICLS 2011)、2回目が修士1年生の時に東京大学で開催されたThe 5th International Supply Chain Management Symposium and Workshop、3回目が修士2年の時に韓国・ソウルで開催されたICLS2012です。いずれも研究室から10名程が参加しました。このような貴重な経験から、学会参加の意義をまとめると次のようになると思います。世界中から集まる一線級の研究者の前で発表、質疑応答ができること(ワンランク上の研究能力をゲット!)。参加者が一堂に会する晩餐会(バンケット)において、英語でコミュニケーションしながら、国際的スケールの友人ネットワークを築けること(国際人としての素養をゲット!)。研究室メンバーと異国のフレーバーを満喫できること(異国カルチャーに精通!)。皆さんもぜひ国際会議に参加して、ご自身で色々感じて、学んで頂きたいと思います。

(2012年度作成)

経営システム工学専攻 後藤研究室 修士2年

鈴木 健史

2011年10月に北京で開催されたAPIEMSという国際会議に参加しました。学会は、北京大学や精華大学などの一流大学の近辺にある高級ホテルで行われました。アジアでの国際会議という事で、日本の方も多く参加し、私の研究室からは5名の修士学生が研究発表をしました。国際会議へ向けた英語論文の執筆と特にプレゼンテーションの準備はとても苦労しました。研究室では、教授、先輩、同期の方に何回も発表の練習に付き合って頂き、想定質問に受け答えをするなど、万全の準備で臨みました。その甲斐あって、発表はスムーズに進みました。発表終了後は日本の学会発表では感じられないほどの大きな達成感と解放感を感じました。発表の打ち上げでの、青島ビール(中国ではメジャーなビール銘柄)のほど良い苦みと北京ダックの絶妙な味は忘れられません。現在は、その興奮を忘れられずに、今年プーケットで行われる国際学会へ向けて論文を執筆中です。いずれ社会に出たら英語を使用する場面に遭遇すると思いますが、そのような意味でも、国際会議の発表から得られた経験は非常に大きかったと思います。約5日間の滞在ですが、旅行するだけでは得られないグローバルな感覚が身に着くこと間違いなしです。

(2012年度作成)

経営デザイン専攻 吉本研究室 修士1年

高山 勧司

私は2010年8月4日から9月3日までの約1か月間、国際化プログラムに参加しました。
2週間の語学研修(Coe College)では、ディスカッションやプレゼンテーション等を通じて実践的な英語のスキルを学びました。週末はショッピングモールやロックフェスティバルに連れていってもらったり、教員宅でのホームパーティや星空の下でバーベキューを行ったりと、リアルな体験としてアメリカ文化への理解が深まりました。2週間の企業(NTN)での実習は、インボード外輪旋削工程の生産数量向上をテーマに改善活動を行いました。大学の講義で学んだことをそのまま現場に適用できるわけではありませんでしたが、大学で得た知識は無駄というわけではなく、必須の基礎力であることを痛感しました。企業の活動に直接かかわるため、結果を出すことが求められる厳しいことは確かですが、参加後は自分の成長を実感できます。国際化プログラムで得られる貴重な経験は、その後の学生生活や研究に役に立つことでしょう。

(2012年度作成)

学部4年

鈴木 美里

私は三年生の春に、タイの日系企業のインターンシップに参加しました。早稲田の学生8名、タイ人の学生3名で、工場の改善活動に取り組みました。現地学生や作業員の方との交流は英語で行います。インターンシップの目標は、工場で一日に生産できる製品の数を増やすことでした。そのためにストップウォッチを持って作業者の方を観測し、改善できる場所を見つけました。現地では日本とは全く違う生活を送りました。平日は朝から夕方まで工場で作業をします。昼食は工場の屋外にある壁の無い食堂で、現地作業員の方とタイ料理を食べました。休日はタイの友人達が、観光やお酒を飲みに連れて行ってくれます。自分の勉強不足や海外の学生のレベルの高さを感じたことが、その後の日本での勉強のモチベーションになりました。インターンシップという初めての挑戦をしたことで、他ではできない経験と、海外の大切な友人を得ることができました。

(2012年度作成)