早稲田大学創造理工学部 経営システム工学科
経営システム工学研究室 教授写真

吉本 一穂 教授

Kazuho YOSHIMOTO

■所属/専攻
経営システム工学科、経営デザイン専攻

■専門分野
施設・ロジスティクス設計

>研究室WEBサイト

施設計画/ロジスティクスの理論
実践に強いインダストリアルエンジニア

私の研究室では、工場・オフィス・レストランなどの”生産”の場の設計とモノの動きの合理的な設計をテーマに、数理的な技法開発をしています。その際、『Pragmatism(実用主義)』を根本理念にしていて、実務で使えことを考えています。
オートバイの組立てライン、チョコレート工場の整形・包装ラインの設計・改善や、レストランの客席の無駄ない配置等、また、中国で作られた冷蔵庫の輸送と在庫の合理化、トラックの配送ルートの決定等を企業と共同研究の形で行っています。顧客満足度とサービスについても研究分野を広げ、アパレル産業、飲食業のサービス生産性の向上についての研究・実践も行っています。
新幹線から見えるあの工場の中の設備の配置は、研究室のメンバーでやったんだよという話ができる楽しみを味わいませんか。

研究室メンバー

経営システム工学研究室 メンバー写真

修士2年

石地 和樹

教授や先輩との密な議論、ユニクロのグローバル物流担当の方などへのヒアリングを通して、現実社会の問題に焦点を当てたテーマを研究しています。私は実際のPOSデータを頂いて、アパレルの効率的な売場設計を決定するためのシミュレーションを作成しました。その成果を国際学会で発表する機会もあり、研究室で貴重な経験をしていると感じています。研究室で培った「問題解決能力」は、社会に出た際にも直接活かせるものと確信しています。

経営システム工学研究室 メンバー写真

修士2年

小牟禮 彩

ネット通販市場の拡大に伴い、近年変化の激しい物流の最適化に関する研究を行っています。机上の研究だけでなく、生産・物流業務の現地を訪ね第一線で活躍している方へのヒアリングや、工場の改善実習への参加が出来ます。私はタイの包装フィルム製造工場の改善実習にチーフとして参加し、大変貴重な経験をしました。私は大学公認オーケストラに所属しヨーロッパ公演ツアーにも参加しましたが、先生や先輩方のサポートによりオケとの両立も出来ました。吉本研メンバーは皆向上心が強く、切磋琢磨し合いながら成長出来る環境だと思います。

経営システム工学研究室 メンバー写真

修士1年

清野 進之祐

実際の生産現場に赴き、研究室のメンバーと共に、企業の抱える問題を発見・解決する「改善プロジェクト」への参加のチャンスが沢山あります。体験型インターンシップと異なり、企業から依頼を受けて行う、納期短縮や品質改善等、望まれるアウトプットの質は高く、やりがいがあります。メンバーと共に目標達成に向けて努力することは、授業だけでは決して学ぶことの出来ないものばかりです。私が参加した全国に1日4000件を配送するT社物流倉庫のプロジェクトでは2ヶ月で30%能率向上の提案をしました。実践的な問題解決を学びたい学生にはぴったりの研究室だと思います!

経営システム工学研究室 メンバー写真

学部4年

白川 莉彩

毎年多くの学生が、研究室企画の海外インターンに参加しています。私はデトロイトの会社で2週間、生産性向上に取り組みました。「大学で学んだ知識は実際の現場で使えるのだ」という経験を、大学生の間にリアルタイムで得られることは、その後の勉強や研究のモチベーションになりました。インターン中は、現地の方と英語でコミュニケーションを取る中で、異国の地で働くということを肌で感じることもできます。これらの経験を通して、自分の将来についての視野を広げられる点も、研究室の大きな特色だと思います。